帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

蜀江に花文様 紫根絞り染め 紬 名古屋帯

価格: ¥140,000 (税込 ¥154,000)
[ポイント還元 15,400ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

蜀江に花文様 紫根絞り染め 紬 名古屋帯

蜀江に花文様 紫根絞り染め 紬 名古屋帯

価格: ¥140,000 (税込 ¥154,000)
[ポイント還元 15,400ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細

さらりとした地風をもつ紬地の紫根染めを洗い張りして、名古屋帯にお仕立替えしました。

「紫根染め」は、古来より日本で染められてきた草木染の一つで、 その深い紫色が高貴な色とされ、『万葉集』や『古今和歌集』にも多く詠まれています。

染料となる紫草の根から色素をとりだす工程は大変な労力を必要とするため、 現在でも生産数が少なく、貴重な染織品とされています。

こちらは、紫根染めの産地として知られる岩手県の南部地方でつくられた紫根染めで、 手絞りのプリミティブな力強さと深みのある紫の色が美しく響きあっています。

鹿の子絞りの蜀江、蜘蛛の巣絞りの花文様と、異なる絞りで染められた意匠からは 職人の高度な技がうかがえます。

品の良い華やかさが感じられ、流行に左右されないお色柄で、長く飽きずにご愛用いただけるでしょう。

こちらのお品はInstagramでもご紹介しております。

●お薦めのシーン : 観劇や美術鑑賞、気さくなパーティー、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 着用時に見えない箇所に小さな黄変が見受けられますが、おおむね良好です。
素材:表地 絹(洗い張り済みです。)
素材:裏地 絹(表地と同じです。)
8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(371.2cm)
柄行き 全通柄
商品番号 HOH-2312-163


ページトップへ