帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

段縞に刀の鍔文様 和更紗 名古屋帯 

価格: ¥50,000 (税込 ¥55,000)
[ポイント還元 5,500ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

段縞に刀の鍔文様 和更紗 名古屋帯 

段縞に刀の鍔文様 和更紗 名古屋帯 

価格: ¥50,000 (税込 ¥55,000)
[ポイント還元 5,500ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細
大正時代ごろに日本でつくられた、若干薄手の和更紗を名古屋帯にお仕立て替えしました。

段縞に刀の鍔が配された、珍しい意匠の和更紗です。

刀の鍔とは、刀剣の柄と刀身との間に挟まれた手を保護する部品です。 鍔に施された精緻な彫りや手の込んだ装飾は目を見張るものがあり、 刀身と同様に芸術品として世界中から高く評価されています。

鶴や青海波、千鳥などの縁起の良いモチーフを配したさまざまな形の鍔は 眺めているだけでも面白く、洒落た趣きが感じられます。

時代枯れした木綿の風合いも鍔の魅力を引き立てています。

淡い草色の地に、紺瑠璃色と苔色、丁子茶色といったすっきりとした江戸好みの色合いも美しく、 小粋です。

さまざまなお着物に映えそうなお色柄で、 いろいろな場面で重宝いただけるでしょう。

※裏地は細い縞に幾何学文様が配された茶鼠色の大正更紗を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 所々に色褪せや色移り、小さな黄変、生地の擦れが見受けられます。
素材:表地 木綿(洗い張り済みです。)
素材:裏地 木綿(洗い張り済みです。)
8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 五・五通柄
商品番号 HOH-2201-006


ページトップへ