帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

唐花草文様 和更紗 名古屋帯 

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

唐花草文様 和更紗 名古屋帯 

唐花草文様 和更紗 名古屋帯 

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細 江戸時代後期~明治時代ごろに日本でつくられた、厚手の木綿地の和更紗を名古屋帯にお仕立て替えしました。

沈んだ鶯色の地に、唐花文様が染めあらわされています。

流麗で繊細な曲線で表現された茎や葉、抽象的な唐花の絵図からは、 アールヌーボーの影響が感じられ、洒脱な雰囲気が漂います。

深みのある鶯色の地に、千歳茶(せんさいちゃ)色や差し色の薄卵色といった色の取り合わせも美しく現代みてもモダンな趣きで、 ざっくりとした木綿の地風が意匠を引き立てています。

シンプルですが重厚感のある更紗の帯は さまざまなお着物に美しく映え、長く飽きずに重宝いただけるでしょう。

裏地は岩井茶(いわいちゃ)色の先染めの麻生地を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 所々に若干の色褪せや色移りが見受けられますがおおむね良好です。
素材:表地 木綿
素材:裏地 麻(新品です。)
お太鼓巾 8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 全通柄
商品番号 HOH-2109-111


ページトップへ