帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

幾何学唐草文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

価格: ¥74,000 (税込 ¥81,400)
[ポイント還元 8,140ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

幾何学唐草文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

幾何学唐草文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

価格: ¥74,000 (税込 ¥81,400)
[ポイント還元 8,140ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細 江戸時代後期~明治時代の日本でつくられた、若干厚手の木綿地の和更紗を名古屋帯にお仕立て替えしました。

狐色(きつねいろ)の地に、唐花文様が染めあらわされています。

流麗な曲線であらわされた幾何学的な唐花文様は アールヌーボー調の趣きがあり、 優美で洒脱な雰囲気が漂います。

リズムよく、バランスのとれた意匠は職人の高いデザイン力がうかがえます。

狐色の地に、薄青(うすあお)色、柿茶色といったおさえた色使いも美しく、 現代みてもモダンな趣きです。

時代を経た、ざっくりとした木綿の風合いもあじわいがあり、長く飽きずに重宝いただけるでしょう。

裏地は焦茶色の先染めの木綿布を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 所々に若干の色のくすみがありますが、おおむね良好です。
素材:表地 木綿
素材:裏地 木綿(新品です。)
お太鼓巾 8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 全通柄
商品番号 HOH-2010-112


ページトップへ