カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

桐唐草に鳳凰文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期 】

桐唐草に鳳凰文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期 】

桐唐草に鳳凰文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期 】

価格:

100,000円 (税込 110,000円)

[ポイント還元 11,000ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細 江戸時代後期の日本でつくられた、若干厚手のざっくりとした風合いの木綿地の和更紗を 名古屋帯にお仕立て替えしました。

淡黄(たんこう)色の地に、桐唐草に鳳凰文様があらわされています。

古来より吉祥の鳥としてあらわされる鳳凰は桐の木に棲むと考えられ、 桐と鳳凰の取り合わせはたいへん縁起が良く、格の高い文様ともされてきました。

尾羽を広げ、きりりとした表情で飛ぶ鳳凰の絵図は威厳があり、 緻密な描写力からは型紙の美しさと染めの力強さが感じられ、 職人たちの高い技術力がうかがえます。

時代枯れした淡黄色地に、藍色のみのシンプルな色使いが 布のあじわいをさらに際立たせています。

重厚感のある飽きのこないお色柄で、 さまざななお着物を引き立てていただけるでしょう。

裏地は濃藍色の先染めの木綿布を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 全体の所々に色褪せが見受けられますが、おおむね良好です。
素材:表地 木綿
素材:裏地 木綿(新品です。)
お太鼓巾 8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 六通柄、手先に柄
商品番号 HOH-2010-107


桐唐草に鳳凰文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期 】

価格:

100,000円 (税込 110,000円)

[ポイント還元 11,000ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ