帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

市松格子に兎と丸文様 織り 名古屋帯

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

市松格子に兎に丸文様  織り 名古屋帯

市松格子に兎と丸文様 織り 名古屋帯

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細

大正時代頃につくられた、さらりとした地風を持つ中厚手の絹紬を洗い張りして、名古屋帯にお仕立て替えしました。

市松格子縞に、月に見立てられたような丸文と兎の意匠が丹念に織り出されています。

連続的にあらわされた丸文様と飛び跳ねる兎の絵図が幾何学的で、 万華鏡のような面白味が感じられます。

小さいながらも、ふっくらとした兎の特徴が細かくあらわされた意匠からは、職人の高度な技がうかがえます。

光りの加減で鈍い光沢を放つ織り地も美しく、意匠に奥行きをもたらしています。

紺青色の地に、灰茶色といったシックな色合いがモダンで、洒落た雰囲気です。

紬や小紋など、さまざまなお着物に小粋に映えそうなお色柄で、長く飽きずに重宝いただけるでしょう。

※お太鼓裏地には微細な格子縞が織り出された焦茶色の絹紬を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 おおむね良好です。
素材:表地 絹(洗い張り済みです。)
素材:裏地 絹(洗い張り済みです。)
8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(371.2cm)
柄行き 七通柄、手先に柄(ほぼ全通柄)
商品番号 HOH-2212-151


ページトップへ