帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

剣に銅鏡と陶片文様 日本刺繍 名古屋帯

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

剣に銅鏡と陶片文様 日本刺繍 名古屋帯

剣に銅鏡と陶片文様 日本刺繍 名古屋帯

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 未使用保管品の帯地からお仕立て直ししました。
詳細

明治時代ごろにつくられた、張りのある若干厚手の絹紬の帯地を名古屋帯にお仕立て直ししました。

沈んだ樺茶色の紬地に、古来より災いを避ける文様として用いられてきた剣に銅鏡や陶片の絵図が手刺繍で丹念にあらわされています。

縄文土器を思わせる幾何学文様があらわされた陶片に剣と銅鏡といった だいたんな構図は現代みても斬新で、目を引きます。

日本刺繍のさまざまな技法を駆使して丹念にあらわされた意匠は、地から飛び出てくるような立体感があり、作り手の高度な技術力が窺えます。

沈んだ樺茶色の地に、浅葱色や古代紫色、藍鼠色、栗皮茶色といった落ち着いた色使いも洒落ています。

重厚感のある刺繍の帯ですので、結城紬や郡上紬などの存在感がある紬のお着物や、 江戸小紋や色無地などにも素敵に映えそうです。

裏地には縞文様が織り出された明治時代ごろの絹紬を合わせました。

こちらのお品はInstagramでもご紹介しております。

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 着用時に見えない箇所に刺繍のほつれが若干見受けられます。小さな黄変が若干見受けられます。
素材:表地 絹(洗い張り済みです。)
素材:裏地 絹(洗い張り済みです。)
8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 六通柄
商品番号 HOH-2112-071

ページトップへ