帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

春駒に獅子頭と張子の虎文様 手描き染めに手刺繍 名古屋帯 

価格: ¥70,000 (税込 ¥77,000)
[ポイント還元 7,700ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

春駒に獅子頭と張子の虎文様 手描き染めに手刺繍 名古屋帯 

春駒に獅子頭と張子の虎文様 手描き染めに手刺繍 名古屋帯 

価格: ¥70,000 (税込 ¥77,000)
[ポイント還元 7,700ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 お仕立て直し
詳細 大正~昭和初期ごろにつくられた、さらりとして張りのある縮緬地の丸帯を洗い張りして、名古屋帯にお仕立て替えしました。

青藍(せいらん)色の地に、春駒に獅子頭、張子の虎の絵図が型染めや手描き染め、手刺繍などの技法を用いてあらわされています。

縁起の良い動物をモチーフにしたさまざまな玩具の絵図は 眺めているだけでも楽しく、遊び心が感じられます。

まるで本物のような生き生きとした表情もあじわいがあり、 作り手の絵心とデザイン力がうかがえます。

深みのある青藍色の地も美しく、江戸茶色や白色、苔色、枯色といった抑えめな江戸好みの色合いが小粋で、洒落た趣きです。

さまざまなお着物に映えそうなお色柄で、長く飽きずにご愛用いただけるでしょう。

※裏地には細かな縞柄が織りだされた濃藍色の絹縮緬を合わせました。

〇こちらは、「笹に張子の虎とおかめ文様 手描き染めに手刺繍 名古屋帯」と同じ丸帯からお仕立てしました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 若干の色抜けと色褪せが見受けられますが、おおむね良好です。
素材:表地 絹(洗い張り済みです。)
素材:裏地 絹(洗い張り済みです。)
8寸(30.3cm)
長さ 9尺5寸(360cm)
柄行き ポイント柄(お太鼓、たれ、前に柄)
商品番号 HOH-2012-137


ページトップへ