カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

唐草に幾何学文様 和更紗(長崎更紗) 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

唐草花文様 和更紗 名古屋帯 【 江戸時代後期 】

唐草に幾何学文様 和更紗(長崎更紗) 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

価格:

70,000円 (税込 77,000円)

[ポイント還元 7,700ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

○写真は左からお太鼓正面、前の柄、アップ、裏地です。

 
お品ものについて
仕様 オリジナル
詳細 江戸時代後期~明治時代の日本でつくられた、中厚手のしっかりとした張りのある木綿地の和更紗を名古屋帯にお仕立て替えしました。

貿易の港町として栄えた長崎でつくられた和更紗は、 輸出用につくられた、額絵のような柄付けのものが多くみられます。
異国情緒のある幾何学文様が配されたハイカラな趣きが特徴的な長崎の更紗は 「長崎更紗」とも呼ばれています。

こちらはその長崎更紗からお仕立てした帯で、 西欧の幾何学的な紋章を思わせる意匠が魅力的で、目を引きます。

よくみると「錨」のマークがあらわされているのも洒落た趣きです。

霞色の地に、渋紙色や藍色、辛子色といった渇いたお色目や色の滲みもあじわいがあり、 時代を経た布の重厚感が漂います。

さまざまなお着物に映えそうなお色柄で、 いろいろな場面で重宝いただけるでしょう。

裏地は辛子色の先染めの木綿布を合わせました。

●お薦めのシーン : 美術鑑賞、観劇、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 色のにじみやくすみが見受けられますが、生地の状態は良好です。
素材:表地 木綿
素材:裏地 木綿(新品です。)
お太鼓巾 8寸2分(31.1cm)
長さ 9尺8寸(372.4cm)
柄行き 全通柄
商品番号 HOH-2010-100


唐草に幾何学文様 和更紗(長崎更紗) 名古屋帯 【 江戸時代後期~明治時代 】

価格:

70,000円 (税込 77,000円)

[ポイント還元 7,700ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ