帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

焦茶色地 市松格子文様 本場奄美大島紬 泥染め 袷 (証紙付き) 

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

焦茶色地 市松格子文様 本場奄美大島紬 泥染め 袷 (証紙付き)

焦茶色地 市松格子文様 本場奄美大島紬 泥染め 袷 (証紙付き) 

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左から全体、アップ、八掛けです。

 
お品ものについて
仕様 リサイクル
詳細

鹿児島県奄美大島で千年以上前から織られてきた伝統的染織品、 本場奄美大島紬の袷です。

「テーチ木染め」と「泥染め」を交互に繰り返して染め上げられた艶のある色と、 丹念に織られたしなやかで滑らかな紬地の風合いは古来より評判が高く、 江戸時代のころには献上品としてもつくられていました。

その中でも、奄美大島で織られる大島紬は最上級といわれ、現代でも稀少の品とされています。

こちらは、艶のある焦茶色(濃い焦茶色)の地に、 緻密な片ス絣で市松格子縞が織り出されています。

深みのある泥染めの焦茶色に、丹念に織られた市松格子縞が美しく、モダンで洗練された雰囲気です。

さまざまな帯を引き立てていただけそうな飽きのこないお色柄で、普段着のお洒落にはもちろん、観劇やお食事会など、 いろいろな場面でお楽しみいただけるでしょう。

※八掛けは黒色の無地です。

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 たいへん良好です。(未使用保管品)
素材
身丈(※肩から測っています。) 4尺1寸(155・3cm){ 身丈3寸(11.4cm)だせます。}
1尺7寸3分(65.5cm){ 裄1寸3分(4.9cm)だせます。}
袖丈 1尺3寸(49.4cm){ 袖丈1寸(3.8cm)だせます。}
前巾 6寸(22.7cm){ 前巾8分(3.0cm)だせます。}
後巾 7寸5分(28.4cm)
商品番号 HKI-2204-016


ページトップへ