帯のアトリエ 花邑 hanamura 銀座
刻を纏う。
slider02 slider02
slider03 slider03
slider03 slider03
slider03 slider03

新田秀次氏作 紅花紬 袷 (証紙付き)

価格: ¥80,000 (税込 ¥88,000)
[ポイント還元 8,800ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら



新田秀次氏作 紅花紬 袷 (証紙付き)

価格: ¥80,000 (税込 ¥88,000)
[ポイント還元 8,800ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

○写真は左から全体、アップ、八掛け、証紙です。

 
お品ものについて
仕様 リサイクル
詳細

紅花染めは山形県米沢市で古来より伝わる染色技法です。

一反の着物を紅色に染めるためには、90~100万輪もの紅花が必要とされるため、 紅花染めの着物は古来より珍重されてきました。

作家の新田秀次氏は、その困難さから戦後いったん途絶えた紅花染めを現代に蘇らせた 名匠として知られています。

白花色と薄桜色といった紅栗染の糸を織り交ぜた紬地は、遠目から眺めると淡い絹鼠色にみえ、 シックで洗練された雰囲気が漂います。

手引きの真綿糸を用いて織り上げられた紬地が光の加減で鈍い光沢を放つさまも美しく、 透明感と幻想的な美しさが感じられます。

シックでモダンな色調はさまざまな帯を引き立てていただけそうで、 長く飽きずにお楽しみいただけるでしょう。

※八掛けは淡い薄柿(うすがき)色の無地です。

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。

●お薦めのシーン : 観劇や美術鑑賞、気さくなパーティー、ご友人とのお食事やお買いもの、お稽古、近所にお散歩など

●お薦めの季節 : 春秋冬


生地の状態 たいへん良好です。(未使用保管品)
素材
身丈(※肩から測っています。) 4尺2寸(159.1cm){ 身丈2寸(7.6cm)だせます。}
1尺7寸3分(65.5cm){ 裄1寸(3.8cm)だせます。}
袖丈 1尺3寸(49.2cm){ 袖丈6分(2.3cm)だせます。}
前巾 5寸8分(21.9cm){ 前巾6分(2.3cm)だせます。}
後巾 8寸(30.3cm)
商品番号 HKI-2112-045
※採寸に関しては、手作業、お仕立ての方法などによって誤差が生じる場合がございます。 あしからずご了承ください。

ページトップへ