カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

宗広敏子作 「初音」 草木染郡上紬 着尺反物

宗広敏子作 「初音」草木染郡上紬 着尺反物

宗広敏子作 「初音」 草木染郡上紬 着尺反物

価格:

0円 (税込 0円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

○写真は左から全体、アップ、証紙です。

 
お品ものについて
仕様 リサイクル(未使用保管品)
詳細 郡上紬とは、岐阜県の郡上八幡で織られている紬です。
その歴史はたいへん古く、平家の落人がこの地方に住みつき、 野生の繭から紡いだ糸を、土地に生える植物で染めた紡ぎ糸を用いて織った絹織物がそのはじまりとされています。

明治維新、戦争を経ていったん生産が途絶えたものの、戦後になり宗廣力三氏が尽力し、 その郡上紬を見事に再現させました。
また、宗廣力三氏はその功績が称えられ、昭和57年(1982)に、国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に、紬織ではじめて認定されました。

経(たて)糸と緯(よこ)糸に真綿の手紡ぎ糸を使用した絹糸の光沢と、 草木染めならではの深い色合い、糸を垂直に入れて染め上げる「どぼんこ染」により 表現された奥行きのある表情といった郡上紬ならではの素朴で繊細な美しさは、さまざまな染織作家に影響を与えてきました。

こちらも、そういった郡上紬の魅力が十分にあらわされた逸品で、たいへん稀少な着尺品です。

枯茶色や焦茶色、唐茶色といった茶色系統を貴重とした地の所々に藍色や淡黄色が横縞状に入った紬の意匠は、シックな中にも明るい光が感じられます。

時代の流行に左右されなず、さまざまな帯が映えそうなお色柄で、長く重宝いただけるでししょう。

※お仕立て代金は別途かかります。

※色名は「日本の伝統色 和色大辞典」を参考にしています。
生地の状態 たいへん良好です。(未使用保管品)
素材
身丈 ※お仕立てご希望の方は、お手数ですがご相談ください。
※お仕立てご希望の方は、お手数ですがご相談ください。
袖丈 ※お仕立てご希望の方は、お手数ですがご相談ください。
前巾 ※お仕立てご希望の方は、お手数ですがご相談ください。
後巾 ※お仕立てご希望の方は、お手数ですがご相談ください。
商品番号 HKI-1708-014


宗広敏子作 「初音」 草木染郡上紬 着尺反物

価格:

0円 (税込 0円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

ページトップへ